スワップだけで生きていきたい 200万を6%で運用中!!

向上心がないと言われ年上の彼女から振られた現状維持派の大人になりきれない41歳独身、憧れの無職を目指す古林元気のブログ!!



フジロック


 いよいよ夏フェスのシーズンになってきました。一応、俺の経験を踏まえてフジロックのガイド的なものを書こうと思う。 出発地は横浜で、一日のみの参加です。

 ◎アクセス
 フジロックの会場である苗場までは大きく分けると

 ①新幹線
 ②ツアーバス
 ③自家用車


 大体この三つになると思う。ここではこれらのメリット・デメリットを書いてみる。

 
①新幹線
 片道6,800円 + 越後湯沢 + シャトルバス住路のみ(500円)で往復14,100円

 ・メリット~運行本数が多くスケジュールが合わせやすい
 
 ・デメリット~グリーンステージの終演後は越後湯沢駅発の最終電車に間に合わない。現地でゆっくり休める場所がない。 

 
②ツアーバス
 片道8,300円で往復16,600円

 ・メリット~ツアーバスは、出発地から会場まで直結、ツアーバス利用者専用のリストバ ンド交換所がある。時間帯によってはリストバンドを交換するのに30分以上かかる場合もあるのでこれは非常に便利。

 ・デメリット~移動行程が決められているので、時間厳守。二人席に一人で座れない可能性が高いので終始隣に人がいてゲンナリする。特に帰りはうっとおしい。夜行バスだが、快適なバス移動はほぼ不可。そして、現地でゆっくり休める場所を確保できない。

 
③自家用車
 横浜から会場まで片道の高速代4,710円 + ガソリン代(ハイオク)4,600円 + 駐車料金2,000円で往復16,020円。行き帰りにETC深夜割引を利用すると13,194円

 ・メリット~自分のタイミングで行き帰りの時間を調整が出来る。車内でゆっくり休む事が出来るし、車中泊も出来る。複数で行くと一人当たりの料金が割安になる。

 ・デメリット~車と運転出来る人がいる。 

 ちなみに月夜野ICで降りるか湯沢ICで降りるか迷うところだが、月夜野ICからの三国峠は運転歴1年未満で高速道路2回目の俺でも問題なく運転することが出来たので、月夜野ICからでも問題ないと思う。グリーンステージのトリを観た後は現地の駐車場もしくは最初のSAかPAで車中泊することをオススメする。

 (結論)
 自家用車で行くことをオススメする。ただ日中の環八は激コミになるで、時間帯をずらすか環八を通らないコースで行くことをオススメする。


 例:横浜町田IC→圏央道→関越道のコースでETC深夜料金3,850円で総額14,300円となる。

スポンサー・リンク

 

 フジロックの感想を来年の自分に向けて、とりあえずメモ書きとして書いていく。

 会場内では一切飲み物や食べ物を購入しなかった。理由として会場内では並んでまでも買いたくないからだ。

 なので事前に購入していたクーラーバックが大活躍した。もしかしたら今年購入した物で一番いい買い物をしたかもしれない。

 近所のスーパーで缶コーヒーやポカリ等を買いクーラーバックへ入れ、いつもより保冷財を多くいれたので12時間近くもったのも助かった。欲を言えばもうひとサイズ大きければ文句なしだ。

  飲み物の他にお菓子も買って行ったが殆ど食べなかった。食欲はあるがお菓子より暖かいカップラーメンやご飯系が食べたくてしょうがなかった。次回はお湯を沸かせる物を買って行こうと思う。それと着替えもあった方がいい。

 今回はライブ終了後、車内で寝てから帰ろうと思いしばらく車内で寝ていたが、寝付くことが出来ず、しばらく休んでから帰る事にした。次はライブ終わりにそのまま高速にのりSAに行きそこで休憩する方が良いかと思った。でもこの時期の苗場ならエアコンをつけない状態でも車内で寝ることはできるんだよね…

 もしライブ後に帰るのであれば、フジロック・ツアーバスの後に付いていった方がいい。真夜中の三国峠はやはり視界が良くないので、自分が先頭を走るのは相当プレッシャーがかかる。

 今回コンタクトレンズをしたまま運転したせいで、途中外れそうになってかなりヤバカッタので、次回は外した方がいいだろう。

 それと大事な駐車場だが、次回以降も今回の場所でいいと思った。距離があるけど、その分人も少ないので、ゆっくり休む事や寝ることも出来る。あと会場近くの駐車場じゃ絶対にウンコは出来ない。構造的にここの駐車場じゃないとダメだ。これはかなり重要だ。あとシャベルも車に積むことに決めた。

◎必要な物リスト
・お湯を沸かす物
・トイレットペーパー
・シャベル
・着替え
・カップラーメン 
・クーラーバック 
・メガネとコンタクト

補足というか、かなり大切な事

・虫刺され対策として長ズボン着用もしくは虫刺され対策をすること、ブヨに刺され酷い目にあった。
 

 やっぱキツイです。年のせいかもしれないが、フジロックはキツイ。現時点で体調の悪さがぶり返してきた。こりゃ明日ヤバイかもしれない。

移動距離往復400km

食費 1,204円
自販機 460円
ガソリン給油分(27.47リットル) 3,846円
苗場駐車場代 2,000円
高速代(土曜) 3,160円
高速代(日曜)  2,810円
外食代 570円 
チケット代(諸経費含) 17,124円
-----------------------------------
合計  31,174円

 こんな感じです。Museだけを観に行ったので、単独公演以上に費用がかかってしまった。ただ、地方公演に行ったと思えばいいかと…

 家に着いた後に撮った動画でも言っているけど、現地に着いた後の事を考えると、車で行った方が楽かもしれない。会場内で休憩するのと車内でエアコンを効かせて人目を気にせずゆっくりと休める利点がある。

 それとトイレットペーパーは必携、トイレットペーパーは過去二回とも持って行ったんだけどね、まさか今回使用するとは思わなかった。次回の為に用意したほうがいい物は携帯用のイスとタイツだ。

 今回は一人で行ったんだけど、やっぱ一人の方が気が楽だ。次回以降も一人で行くことにする。車のない友人と一緒だと、送り迎え、気遣い、自分のタイミングでの出発・帰宅が出来ない等でメリットよりもデメリットの方が多い。

 もし行くとしたら、お互いの車で行く事が条件になりそうだ。ライブ後それぞれの車の中で寝れるし、一緒に行けば交通費が折半になると思うけどね、ただ環状八号線の渋滞だけは本当に勘弁してもらいたい。それを抜け出すだけで2時間かかった。

 そもそも、俺はフェスを楽しむ為に行っている訳ではなく、純粋にライブを観に行っているので他の人と一緒に行っても恐らく俺は無理だろう。

 駐車場は二日目の土曜日の16時頃に到着したけど、俺の停めた駐車場は空きがかなりあった。それと民間の駐車場もそれなりに空きがあるので当日いってもなんとかなりそうな気がするが、前もって予約をした方が無難だ。当日キャンセルでも2,000円で済む。


↑このページのトップヘ