引きこもるのは“家”だけではない
今も居場所を探し漂流するある若者の半生