年末だけど、いつものように6時に起きてドライブに行って来た。コースはいつもと同じで近所の吉野屋で牛丼を買い金沢八景の公園で食べて、車内で時間を潰す。ヤッパ年末なんだね車があまり走っていないんだよ、気分がいいね!

 まぁ、普通なら金沢八景から本牧埠頭に行くんだけどね…

 でも、今日は違ったんだ。こんな俺でも年末のビックニュースが来るんだね!

 普通にオナラをしたんだよ、オナラをね、普通ならそれで終わりでしょ?今までの俺の人生でもそれで終わりなんだよ、 でもね、なんかお尻の辺りが生暖かいんだよね、ジェル状の暖かい感触がズボンの上から感じる。

 まさかと思ってよーく撫でてみると、ウンコが出ちゃっているんだ。下痢状のウンコが、 即効、近くの公衆便所にティッシュを持ってズボンを下ろしたら、パンツの中がウンコまみれになって、パンツの上に穿いているタイツにもウンコがにじみ、その上のズボンにもウンコがにじんでいる。

 普通ならそこでお尻を拭いて、パンツを脱ぎ捨てるんだけど、今日に限ってタイツを穿いているんだ。だからパンツを脱ぐにはタイツを脱がないといけない。トイレの個室で、しかも地面がスゲー汚い所でタイツを脱ぎ、パンツを脱ぐのは不可能と判断した。

 しょうがないので、トイレットペーパーでお尻を拭き、パンツの中のウンコふき取り、ウンコまみれのパンツのまま、また穿き直し、シートにウンコが付かないように新聞をひき、家に帰る事にした。

 車内にウンコの臭いが残るのを防ぐ為に、窓を全開にして、30分近くかけて家に帰宅した。最悪な事に車内が冷えた為か?先ほどウンコを漏らしたのにもかかわらず、お腹が痛くなってきた。正直、ウンコを漏らしているので、もう漏らしていいと思ったが、状況が今以上に悪くなるのが目に見えているので、なんとか我慢した。

 皮肉な事に、帰りの運転は今までで一番の運転だったと思う。というのは、ウンコが漏れた状態で事故なんか起こしたら、ウンコが漏れた状態で事故の対応をしないといけないからだ。

 家に着くなり、即効でトイレに行き、ウンコをして、ズボンを穿いたまま風呂に入り、パンツとタイツを洗った。

 凡人には今年最後に最悪な一日だったと、思うかもしれないが、こんな経験はめったに出来るもんじゃないと思った。 考え方によっては貴重かつ運が付いた日かもしれない。俺は今日を今年を締めくくるには最高な日になったと思う。そして、来年は確実に飛躍出来る年になるだろう。