今日は高校の友人と映画を観に行った。前もって何を観るかは決めていなかったんだが、今の時期はあまり観たいのがやっていないんだね、候補として、ブラット・ピット主演の戦車映画「フューリー」とSFの「インターステラー」になったんだけど、本当ならSFの「インターステラー」を観るんだけど、時間が3時間ぐらいかかるんだよね、流石に明日仕事だから遅くなると嫌なので、それより30分短いブラット・ピット主演の「フューリー」を観ることにした。

 軽めの戦争映画だと思っていたんだけど、重すぎた。観なきゃよかったよ、観終った後の何とも言えない気持ちの落ち込みようで、スッカーとするよな映画を期待したんだけど、間逆の間逆、 改めて戦争の悲惨さを認識できる作品だった。「インターステラー」を観れば良かった…